メタボリックシンドローム診断と予防について

メタボリックシンドロームの診断方法や様々な予防方法を掲載してゆくサイトです。

スポンサードリンク

メタボリックシンドローム診断と予防最新記事

メタボリックシンドローム診断と予防イメージメタボリックシンドローム診断と予防の記事を各カテゴリごと最新順に5記事ずつトップページで紹介しています。

メタボリックシンドローム診断と予防の古い記事を参照になりたい方は各カテゴリタイトル、またはページ最下部のサイトマップからのリンクをご利用ください。

メタボリックシンドローム・脳卒中の発作の種類:メタボリックシンドロームの診断

脳梗塞は、脳の血管が詰まります。
脳出血は、脳の血管が破れます。

以前は脳出血が多く、今は脳梗塞が多いとされています。
昔は高血圧の治療があまりできず、栄養もよくないため、脳の血管が破れやすいという状況がありました。
しかし、今は糖尿病や高脂血症の人が多く、血管が詰まりやすくなったといわれています。

脳卒中の種類を発...

メタボリックシンドローム・脳卒中の発作の種類について詳しく読む

メタボリックシンドロームの診断

カテゴリ内新着一覧

メタボリックシンドローム・痛風の治療目標は?:メタボリックシンドロームの予防

痛風発作をおこさない、合併症にならないないよう尿酸の代謝を適切に保つ事が目標です。
治療の進行度判断基準項目として

1.血清尿酸値の初期目標値は
薬を服用しいるう場合:血清尿酸値6.0mg/dL以下
薬を服用していない場合:正常範囲内(7.0mg/dL以下)

2.関節炎を発症しない

3.尿路結石を発症しない。

4.腎障...

メタボリックシンドローム・痛風の治療目標は?について詳しく読む

メタボリックシンドロームの予防

カテゴリ内新着一覧

糖尿病の予防(運動について):メタボリックシンドロームと運動

糖尿病の予防は、適度な運動が必須です。
運動が少ないと、体重が少なくても脂肪の多いかくれ肥満というからだになります。
筋肉を使わないと筋肉がやせて、基礎代謝が減ってしまい、痩せられないからだになります。

基礎代謝が減ると、日常基本的に使うエネルギーが少ないので、同じ量の食事をしていても
脂肪になる分量が多くなります。
...

糖尿病の予防(運動について)について詳しく読む

メタボリックシンドロームと運動

カテゴリ内新着一覧

メタボリックシンドロームにも通じる痛風予防のための食生活改善:メタボリックシンドロームの影響

まず、メタボリックシンドロームと同じで肥満の解消を心がけることです。
標準体重になるよう、カロリー量を制限することが肝心です。

BMI(ボディ・マス・インデックス)
計算方法

BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)
普通体重:18.5†25
標準体重:22
肥満:25以上


肥満に当たる人で、ウェストが、男性で8...

メタボリックシンドロームにも通じる痛風予防のための食生活改善について詳しく読む

メタボリックシンドロームの影響

カテゴリ内新着一覧

メタボリックシンドローム診断と予防グッズ集メタボリックシンドローム予防グッズ

メタボリックシンドローム診断と予防グッズ集美容関連

更新履歴

    • seo
SEO対策
 1  2  3  4  5